読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Vaccinate MIYAZAKI initiative

すべての人にワクチンの恩恵を

Vaccinate MIYAZAKI initiative

すべての人にワクチンの恩恵を

エルヴィスとポリオ

ポリオワクチン

エルヴィス・プレスリーは、エド・サリヴァン・ショーに3回出演しています。

エド・サリヴァン・ショーとはアメリカCBS放送の有名なバラエティ番組です。

2回目の出演は1956年10月28日でした。

 

このとき、エルヴィスは放送前のリハーサルの合間に、報道陣の前でポリオワクチンの接種を受けました。

f:id:vaccinophile:20170117142046j:plain

写真中央がエルヴィス、左はDr. Harold Fuerst、右はDr. Leona Baumgartner(当時のニューヨーク市衛生局長)

 

ポリオワクチンは1952年、ジョナス・ソーク博士が開発しました。

大規模な治験の後、効果が認められ1955年認可されていましたが、1956年でのポリオワクチン接種率はわずか0.6%でした。

 

エルヴィスの「公開ワクチン接種」は、翌日のNew York Timesでも、“Singer Sets An Example For Teen-Agers”という見出しで掲載され、大きな話題になりました。

6か月後、ポリオワクチンの接種率は80%を超えました。

予防接種の歴史でこれほどインパクトのある出来事はありません。

 

エルヴィスは翌年1月6日にもエド・サリヴァン・ショーに出演しました。

3回目でこれが最後でした。

この日、彼のパフォーマンスは上半身だけのアングルで放送されました。

同じ日に彼はポリオ患者の女の子と写真を撮っています。

f:id:vaccinophile:20170117142059p:plain

女の子の名前はJoanne Kelly。

撮影から約50年後に当時のことについてインタビューを受けていますが、「自分は(エルヴィス)のファンではなかった」と答えています。

 

エルヴィスは熱心に「March of Dimes」運動を応援していました。

「March of Dimes」は当時ポリオ患者の支援やポリオ根絶のための活動をしていた団体です。運動の目的は変わりましたが、現在でも活動を続けています。